日産自動車のコンパクトSUV「日産キックスe−POWER」とタカラトミーのボードゲーム「人生ゲーム」がコラボした体験型ゲーム「NISSAN KICKS e−POWER presentsリアル人生ゲーム」の出発式が26日、神奈川・横浜で行われた。

 今回は、ボードゲームとは異なり、お金ではなく”経験値”をためるのが特徴だ。日産キックスe−powerを移動手段に用い、東海道五十三次をモチーフとした横浜〜京都間の全長500kmにおよぶコースを制覇するチャレンジ。基本的なルールは、ボードの人生ゲームと同じでルーレットを回し、1〜10の中から出た目の数だけマス(決められた場所)を車両で進んでいく。

 もちろん、止まったマスにはさまざまな“お題”が用意されていて、その内容を実行する。サドルバック牧場(神奈川県小田原市)の「乗馬体験」やキウイフルーツカントリー(静岡県掛川市)の「キウイ食べ放題」などが記載されており、各地のグルメ・観光を体験する。また、よみうりランド(神奈川県川崎市)でのバンジージャンプ、大本山倶利加羅不動寺(名古屋市)での滝行などボート版と同様、“罰ゲーム”をするマスもある。

 これら一連の流れを繰り返し、全53マスを28日までの3日間で走りきる。ルーレットという特性上、食事や宿泊などのタイミングも運頼みだ。

 挑戦者は、ツイッターのフォロー&リツイートキャンペーンで応募した約2万人から選ばれた2人組2チームの計4人。出発式では、「パラグライダーのマスに止まりたい」などと意気込みを語った。

 4人は2人ずつ2台の車に乗りそれぞれ最初の目的地へ出発。多くの関係者に見送られ、2泊3日の「リアル人生ゲーム」をスタートさせた。

(よろず~ニュース・松田 和城)