英国の人気歌手アデルが米国の俳優ドウェイン・ジョンソンの大ファンであることを告白した。会ったら大感激してしまうであろう唯一のスターだそうで、最近放送された自身の特番『アデル・ワン・ナイト・オンリー』に観客として参加できなかったお詫びとしてドウェインから花束が届いた時は卒倒しかけたという。

 美容系YouTuberニッキー・デ・ジャガーの動画『パワー・オブ・メイクアップ』に登場したアデルはこう明かす。「まだ一度も会ったことのない人で私が泣いてしまうと思うのは、ザ・ロック。若い頃レスリングの大ファンだったから!彼と夫人が私のショーに来れないからって花を送ってくれて、私実際に椅子から転げ落ちたから!」

 一方で、リアリティ番組「ザ・リアル・ハウスワイブス」シリーズは好きじゃないそうで、「大人気なのは知っている。でも私は無理。頭がおかしくなる。見れない。誰が誰かわからないし、長く続き過ぎて最初から見ようとは思えないから。本当に私は苦手ね」「一度だけ『ザ・リアル・ハウスワイブス・オブ・ニュージャージー』のエピソードを見た。実際に皆で殺し合っているみたいで、ちょっとやり過ぎよ。私こんなのは見れないってなった。野生動物番組の方が好みね」とアデルは続けていた。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)