人気ドラマーのトラヴィス・バーカー(46)が病院に緊急搬送された。一度は「神よ。俺を救ってくれ」とツイッターにメッセージを綴ったが、その後妻のコートニー・カーダシアンと共に病院へ直行したという。

 ロサンゼルスにあるシダーズ・サイナイ医療センターの外で担架に横たわるトラヴィスの写真には、横に付き添うコートニーの姿も見て取れる。

 写真の中で、救急車から運び出されている男性は右手を上げており、お馴染みのスカルのタトゥーからトラヴィスであることが確認。コートニーは全身黒でフードをかぶった後ろ姿が写っている。

 また、コートニーの警備チームが乗った黒のレンジローバーが、救急車に追走していたものの、2台の車は間違った入口から病院へ入ろうとしたようで、スタッフから別の場所に行くよう指示されている姿も目撃されている。

 28日の朝、トラヴィスはまず、ウエストヒルズ・ホスピタル&メディカル・センターで治療を受けたものの、さらなる診療が必要と判断され、シダーズ・サイナイ医療センターへ搬送された。

 本人による「神よ。俺を救ってくれ」というツイートがその日の現地時間午前10時45分であることから、この救急医療に関するメッセージとされている。 同ツイートにはファンからの心配と応援のメッセージが多数寄せられている。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)