俳優の前山剛久が所属事務所・ワタナベエンターテインメントを退所し、芸能界を引退することが、30日、分かった。

 同事務所の公式サイトでは、「活動を休止しておりました前山剛久ですが、本人からの申し出を受け、6月30日をもちまして、株式会社ワタナベエンターテインメントを退社することになりました。これまで応援いただいたファンの皆様、並びに関係者の皆様に厚く御礼申し上げます」と掲載。関係者によると、このまま芸能界引退となるという。

 前山は、昨年12月に北海道札幌市内で休止した女優・神田沙也加さんと交際しており、神田さんの死後に公表した。その後、心身の不調を訴え、今年1月5日から芸能活動休止していた。

 2月にはグラビアアイドルの小島みゆと過去に交際していたことが発覚。一部では神田さんとの交際中も連絡を取り合っていたと報じられた。小島は前山との交際を認めた上で、神田さんとは交際期間が重なっていないと強調した。

(よろず〜ニュース編集部)