北海道富良野市議会が11月30日の本会議で、ふるさと納税で制作費を集めたアニメ「邪神ちゃんドロップキックX」(邪神ちゃん)富良野編の制作委託料3300万円を含む2021年度一般会計決算について、15日の決算審査特別委員会での不認定から一転して認定した。同市の北猛俊市長は、よろず〜ニュースの取材に対し「議会は良識の府としての機能を果たしてくれた」と答えた。

 本会議の採決は、11月15日の決算特別委員会の出席者に、審議に参加していない議長と監査委員を務める議員を加えて実施された。認定8、不認定8の同数となり、黒岩岳雄議長の裁決で認定された。

 15日の特別委では、富良野編で借金返済のため主人公・邪神ちゃんが臓器売買を提案される場面が「不適切」「富良野のイメージを落としかねない」などの指摘を受け、採決は認定7・不認定7の同数となり、委員長が不認定とした。これを受け、北市長は「不認定は非常に残念な結果。表現の自由に介入して指摘するのは遺憾だ。委員会などで出たさまざまな意見については今後の参考にしたい」とコメントしたことが報じられていた。

(よろず~ニュース・松田 和城)