ロシアのウクライナ侵攻による戦禍の惨状を伝えるドキュメンタリー「マリウポリ 7日間の記録」が4月15日からシアター・イメージフォーラムほか全国で順次上映されることが31日、配給元から発表された。同作は2022年にカンヌ国際映画祭でドキュメンタリー審査員特別賞、ヨーロッパ映画賞でドキュメンタリー賞を受賞。45歳だったマンタス・クヴェダラヴィチウス監督は撮影中に殺害され、婚約者だった助監督らによって作品が完成した。

 2022年2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻。1991年のウクライナ独立、2013年から14年のマイダン革命に端を発し、ウクライナの東部に位置するドンバス地方は親ロシア分離派とウクライナ系住民との紛争が絶え間なく続いている。

 そのウクライナ東部ドンバス地方のマリウポリは、ロシア軍に侵攻、包囲され、砲撃によって街は廃墟と化した。夕暮れ時、建物の割れた窓から見える地平線には炎と噴煙が立ち昇り、連射される曳光弾の光跡とともに雷鳴のような砲撃音がとどろく。

 そんな地に、リトアニア出身で、人類学者からドキュメンタリー監督に転身したマンタス・クヴェダラヴィチウス監督が足を踏み入れた。

 クヴェダラヴィチウス監督は、16年にマウリポリを訪れ、同地の人々の日々の営みを記録した「Mariupolis」(日本未公開)を発表し、高い評価を得ていた。その続編ともいうべき今作。侵攻間もない3月に現地入りし、破壊を免れた教会に避難している数十人の市民らと生活をともにしながら撮影を開始。カメラに収められたのは、死と隣り合わせの悲惨な状況下でも、普通におしゃべりを交わし、助け合い、祈り、料理をし、タバコを吹かし、また次の朝を待つ住民たちの姿だった。

 しかし、取材開始から数日後の3月30日、クヴェダラヴィチウス監督は同地の親ロシア分離派に拘束され、殺害された。助監督だった監督のフィアンセによって撮影済み素材は確保され、遺体とともに帰国。その遺志を継ぎ、製作チームが完成させた作品は、直ちに5月の第75回カンヌ国際映画祭で特別上映され、ドキュメンタリー審査員特別賞を受賞。2022年末にはヨーロッパ映画賞・ドキュメンタリー賞を受賞した。

 「マリウポリ 7日間の記録」は、私情も感傷も交えず記録に徹し、戦禍の惨状で生きる人々の日常と、廃墟に流れていた時間をリアルに追体験させる。ここには激しい戦闘の様子や刺激的な映像は一切ない。ただ戦争という理不尽な悲劇に見舞われた人々の営みがありのままに映し出されているだけだ。ニュース報道からは伝わってこない、真のマリウポリの現状がこの作品に記録されている。

 クヴェダラヴィチウス監督は生前「マリウポリについて、何が最も驚くべきことかわかりますか?死がそこにある時でさえ、住民は誰一人として死を恐れていませんでした。死はすでに存在し、誰も無駄な死を望んだことはなかった。人々は命がけでお互いを支え合っていました。爆撃があるにもかかわらず、外でタバコを吹かし、おしゃべりをしていました。お金は残っていないし、人生はあまりにも短く感じられ、人々は今あるものに満足し、自分の限界に挑戦していました。過去も未来も、判断も暗示も、もはや何もありませんでした。それは地獄の中の天国であり、蝶の繊細な羽がどんどん近づいてきて、生の次元で死の臭いがしていました。それは生命の鼓動でした」と話している。

 クヴェダラヴィチウス監督のフィアンセだった助監督のハンナ・ビロブロワは、撮影日誌で次のように述懐している。これは22年5月24日、リトアニアのニュースポータルサイト「15min.」に掲載されたインタビュー記事を基に、配給元によって構成された。

 ◆2022年3月初旬

リトアニア在住のマンタス・クヴェダラヴィチウス監督は、ロシア軍のマリウポリ侵攻のニュースを追い続けていた。「マリウポリで撮影をしなければならない」――彼は助監督のハンナ・ビロブロワと共に同月13日にリトアニアからポーランドへ入り、ウクライナを目指して車を走らせた。その間、彼はマリウポリで再会する人々のために、自費で食料を調達。そして国境を越え、ウクライナへ入った。

 ◆3月18日

ウクライナ、ドニプロペトロシク州の都市ドニプロで数日を過ごし、ジャポリージャ州に到着。80台ほどの民間の車列の中、マリウポリへ向け出発するも、途中クラスター爆弾によって道路は炎上、進路変更を余儀なくされた。ジャポリージャ州ヴァシリウカ経由でドネツク人民共和国に入ると検問で一晩中監視されることとなったが、明朝には解放された。

 ◆3月19日

マリウポリに入ると沢山の人が徒歩で街を出ていくのが見えた。手押し車で運ばれている歩行困難な高齢者、粉々になった窓をビニールで覆っている車。丘の上からは、黒い煙の壁が見えた。マンタスにとって最も重要だったのは、マリウポリの劇場に行くことだったが、ドニプロに滞在中、劇場が爆破され完全に破壊されたと知り、たいへんなショックを受けていた。加えて市内では砲撃や戦闘の激化で劇場の確認に行くこともできず、アゾフスタリ製鉄所近くの教会に泊まることに。そこは防空壕としても使われていて、避難した人々が生活していた。マンタスは食料、水、ガソリン、医療品をここに運び込んで撮影を開始する。

 ◆3月20日

マンタスは教会の庭に行き撮影していいか責任者に許可をもらい、彼らの日常生活の撮影を開始した。責任者は、ここで起きていることを世界に見てもらえることを幸いだと感じているようだった。

教会の目の前の家の屋根には爆風で吹き飛ばされた遺体が突き刺さっていた。裏庭には埋葬できないままの遺体も。この悲惨な状況をマンタスはカメラに収めようとしなかった。「死体を撮りに来たんじゃない。これは関係ない。僕は人々の生き方に興味がある。以前立ち寄った劇場には生活がない。人々はそこにいるが生活がない。でもここでは今、人々は生きていて笑っている」。

マンタスは、ここで共に生活している人々に感銘を受けていた。彼らはいつも何かしら仕事を見つけていた。午前5時に起きて壊れたドアを修理する者がいる。しかしドアはまた直ぐに壊れるので、それは無意味な仕事なのだ。それでも彼らは自ら忙しくしていようと動いていた。マンタスにとって最も興味深いのは人々の生き方だった。戦争犯罪を撮影するためにそこにいるのではなく、戦禍の人々の非日常の中での日常生活を撮影していた。

 ◆3月24日

教会の入口に5つの地雷が仕掛けられていることを知った。ロシア兵がやって来て避難者たちの身体検査を始めた。マンタスたちはボランティアだと言い、曖昧な返事をして何とかその場をやり過ごした。

 ◆3月25日〜27日

ロシア軍の戦車の列によって、もはやこの地がロシアの支配下にあることを確信する。一刻も早くここを離れようとしていた矢先、教会に砲弾が着弾し爆発した。ようやく教会から脱出し、少し静かな居場所を確保した。顔見知りのドライバーの男性と街を出る手筈を相談していると、彼から、目立たない小さな車で避難者の移動を手伝って欲しいと頼まれた。マンタスは、撮影に同行していたハンナに「行ってくる」と言い残し、避難者の救助のため男性と車で出かけて行った。

 ◆3月28日

翌朝、ドライバーの男性が数人に囲まれ門の前に立っていたが、そこにマンタスの姿はなかった。マンタスは軍事施設だった建物の写真をカメラに収めたかったようだ。ドライバーの男性が言うには、二人は建物近くで拘束され、ロシア側は書類を調べた。マンタスはリトアニアのパスポートを持っていたので服を脱がされ、タトゥーや痣をチェックされた。マンタスはロシア軍と戦うためにきたNATOの兵士で、リトアニアの狙撃兵だと非難され、建物へ押し込まれたという。

翌朝、男性は解放されたが、マンタスはロシア側の司令官がこの問題を解決するまで拘束すると聞かされたという。その時ハンナは、男性の話を頼りにマンタスが拘束されているらしい建物へ彼の無事を祈り、ひとり走り出した。軍隊を見つけてはリトアニア人を知らないか?と尋ねて回った。気付くと近くで銃声が聞こえる前線の真っただ中にいたという。日が暮れ、戒厳令の前には身を隠す場所を見つけたものの、眠れない不安な一夜を過ごした。

 ◆3月29日

ハンナはマンタスの痕跡を追い、彼が何者で何故彼を探しているのか、着ていた服などのメモとプリントした写真を配り、尋ね歩いた。兵士がやって来て「本部に司令官がいるので話してみよう」と言ってくれた。ハンナは、彼の情報を得るため何度も本部に足を運んだ。

 ◆3月30日

本部の車がやってきて車から降りた兵士は、瞬きもせずハンナにマンタスの死亡を告げた。彼女は直ぐにはその言葉を理解できず、どういう事なのか尋ねたが、「青いジャケットの民間人が路上に倒れ死亡しているのが目撃された。彼が捕虜から解放されたのか、何故そこを歩いていたのかは分からない」というだけだった。兵士は、遺体の確認は明日と言い残し帰っていった。

 ◆3月31日

戦闘が更に激化し、遺体確認のため司令官に会うことができず一日が過ぎた。

 ◆4月1日

ハンナはまだマンタスが生きているという望みを抱いていた。そこへ軍の車が到着し、彼女は遺体確認のため、車に乗り込んだ。前の席から青いジャケットを着た男が倒れているのが見えた。ハンナは、射殺され路上に放置されたマンタスの遺体を発見した。

 【ハンナ・ビロブロワの証言】

私は、彼が見つからなかったらどうしようと恐れていました。そして彼を見つけるまでそこを離れませんでした。生きていようが死んでいようが、私たち二人は最後まで一緒だと分かっていました。彼は戦争で殺されたのではありません。“人間”に殺されたのです。そして、私は彼の作品を完成させ、マリウポリの人々がどのように暮らしているかを世界に伝えたいのです。そのすべてはカメラに収められています。私たちは、戦時下で人々がどのように生活しているかを見るために現地へ行ったのです。

(よろず〜ニュース編集部)