漫画家の中森愛さんが11月25日に死去していたことが分かった。2日、親族がX(旧ツイッター)で報告した。

 漫画家の五藤加純さんはXで「突然ですが、2023年11月25日、弟、中森愛が心筋梗塞(の模様)により永眠いたしました。享年67。 葬儀はごく内輪の親族のみにて、12月2日に無事執り行われましたことをご報告いたします」と記した。お別れの会を後日執り行う予定だという。

 また、同日にイラストレーターのすずき鮭さんもXに投稿。「突然ですが、父である中森愛が23年11月25日永眠いたしました。心筋梗塞の模様で、享年67歳でした。 葬儀は12/2、親族のみの家族葬にてつつがなく執り行われましたことをご報告いたします」とつづった。

 中森さんは1980年代から90年代にかけ、ロリコン調のコメディ作品を発表。ポップでかわいい女の子が活躍する作風が特徴だった。絶版作品を扱う無料電子書籍サイト「マンガ図書館Z」では、中森さんの「レモンSOS」「ももいろミルク」などが収録されている。当時に思春期を過ごした読者にとっては、見覚えのある絵柄を確認することができる。

(よろず〜ニュース編集部)