NFLのスター選手、パトリック・マホームズ(28)がテイラー・スウィフト(34)について、カンザスシティ・チーフスを「世界のチーフス」に押し上げたと称賛した。

 テイラーが昨年から交際しているトラヴィス・ケルシーのチームメイトであるパトリックはタイム誌にこう語っている。「(チーフスは)全国的な、ある意味グローバルなチームから、完全にグローバルな『全世界のチーフス』になった。それはテイラーのファンベースから生まれたんだ」

 また、ここ数ヶ月の間にテイラーによってもたらされたチーフスへの特別な注目について「僕たちは、注目される事が好きなんだ」「結局のところ、アメフトは常にケガがつきものなスポーツだ。子供たちが成長し、アメフトをプレーし、個性を発揮し、ありのままの自分でいられるような、楽しいものにしたいんだ」と続けた。

 さらにパトリックは、テイラーがその名声と成功にもかかわらず実直で、労働に対する倫理観に驚嘆しているという。「今までの人生でたくさんの有名人に会ってきた。テイラーはおそらく、ステージに長く立っている人の中で最も実直な人だろう」「彼女が仕事をしていない時はないよ。ダウンタイムを取っている時でさえ、彼女は何かに取り組んでいるんだ。ミュージックビデオを撮ったり、歌を歌ったり、曲を書いたり。彼女の話し方を見ればわかるよ」

 また2月に行われたチーフスのスーパーボウルでの優勝に立ち会ったテイラーについて、どんな時も「ビジネスマインドを見ることができる」としたパトリック、「まるでコーチになろうとしているようだった。これとこれとこれをやってみたらどうだろう?ってね。正しい質問をしているんだよ」と振り返っていた。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)