「ジュラシック・ワールド」シリーズや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズなどで知られる俳優クリス・プラットが、妻のキャサリン・シュワルツェネッガーと一緒に映画を作りたいと思っているという。

 映画プロジェクトでキャサリンと一緒に仕事をしたいかどうか尋ねられ、クリスはいつかその機会があれば嬉しいと認め、ピープルにこう語っている。「聞いてみたことがあるよ。彼女は素晴らしいと思う。実際、とても良い女優だから」

 クリスはキャサリンの演技力に感銘を受けているものの、アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライバーの娘である作家のキャサリン本人は自信がないそうで、こう説明している。「彼女が物真似をするのを見て、僕が『本当に上手い』と言うと、彼女は『そんなことない。私にはできない。笑いすぎてしまう』って言うんだよ」

 そんなクリスは最近、アーノルド・シュワルツェネッガーにアドバイスを求めるのが好きだと米番組『エクストラ』で、こう明かしている。「誰もが自分の義父がターミネーターだと言えるわけではない。 実際に僕のは僕をターミネートする(終わらせる)ことだってできる」

 ミネソタ州バージニア州の労働者階級の家庭に生まれたクリスは、アーノルドならユニークな視点を提供してくれると信じているという。

 キャサリンとの間にライラちゃん(3)とエロイーズちゃん(1)、前妻アンナ・ファリスとの間にジャック君(11)がいるクリスは、「彼はスポットライトを浴びながら子どもたちを育てた経験を持ち、俳優で、有名人で、セレブでもある。普通なら兄やいとこ、一緒に育った人たちに話しても共感してもらえないようなことを、彼の経験から得た知恵を使って話してくれるのは本当に素晴らしいことだ」と話している。

(BANG Media International/よろず〜ニュース)