26日午後6時40分ごろ、滋賀県東近江市で外国人とみられる男性の遺体が、発見されました。遺体には刺し傷などがあり、警察は、殺人事件の可能性もあるとみて捜査しています。

 遺体が見つかったのは東近江市ひばり丘町のアパートの一室で、「男性が自宅内で血を流して倒れています」と会社の同僚から110番通報がありました。

 警察が駆け付けたところ、30代から40代の外国人とみられる男性が、自宅アパートの室内で血を流して倒れており、体には、刃物のようなもので刺されたとみられる傷や切り傷が複数あったということです。

 警察は、男性の身元の確認を急ぐとともに、殺人事件の可能性もあるとみて捜査を進めています。