文字サイズ

レオパレス 赤字236億円に

レオパレス、赤字236億円 入居率低迷、債務超過

共同通信

 賃貸アパート大手のレオパレス21が14日発表した2021年3月期連結決算は純損益が236億円の赤字(前期は802億円の赤字)だった。赤字は3年連続。施工不良問題による改修工事の遅れに加え、新型コロナウイルス流行も逆風となり、アパートの入居率低迷が響いた。21年3月末時点で負債が資産を上回り、84億円の債務超過となった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る