文字サイズ

コンビニ 中国で苦戦の理由は?

ローソン、中国進出25年目でようやく黒字化 なぜ中国でのコンビニビジネスが難航するか

36Kr Japan

コンビニエンスストアのローソンが公表した2020年の財務レポートによると、新型コロナ禍によってグループ全体の売上高は8.8%下がり、利益は56.8%下がったが、中国では感染の抑え込みに成功したため、業績は急速に回復し、2020年にはじめて中国で通年黒字を実現した。今後についてローソンの竹増貞信社長は、中国で宅配サービスを開始し、2025年までに店舗数を現在の3倍以上の1万店にする計画を発表するなど強気だ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る