文字サイズ

エチレンガスの小型計測器を開発

フードロス削減へ。果物の成熟早めるエチレンガスの小型計測器を開発

ニュースイッチ

産業技術総合研究所の古賀健司主任研究員と洪達超主任研究員、物質・材料研究機構の石原伸輔主幹研究員は、果物の成熟を早めるエチレンガスを測るポータブル計測器を開発した。検出限界は下限が0・2ppm(ppmは100万分の1)で上限が100ppm。青果物の品質管理に活用し、フードロス削減を目指す。開発した試作機の貸し出しを10月に始める。実地検証を重ね、実用化を目指す。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る