文字サイズ

ANA 500億円超の業務改善なぜ?

コロナ禍のANAグループ 500億超の業務改善なぜ? 以前苦境は続くも売上は昨年比大幅UP

乗りものニュース

「お客さんが乗れば以前より利益を出しやすい」とのことです。

固定費削減、便数や機材も適切配備

 航空会社のANA(全日空)、ピーチなどを傘下にもつANAホールディングスが2021年7月30日(金)、2022年第一四半期(2021年4月から6月)の決算を発表しました。新型コロナウイルス感染拡大により航空需要の大幅な低迷が続いており、純損益は511億円の赤字となるなど苦境は続いているものの、その赤字幅は昨年第一四半期と比べて576億円改善。売上高も前年比63%回復したといいます。状況は大きな改善が見られるといえるでしょう。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る