東証続落、新型肺炎で株安連鎖

東証続落、新型肺炎で株安連鎖 広域感染の経済影響警戒

共同通信

 28日の東京株式市場は、新型肺炎の広域感染による経済への悪影響に警戒が強まり、日経平均株価(225種)は続落した。終値は前日比127円80銭安の2万3215円71銭で、約3週間ぶりの安値を付けた。世界的に売りが膨らんだ27日に続き、28日はアジア市場の一角も下げ、株安の連鎖は止まらなかった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る