食品ロス削減に気象データ活用

食品ロスの大胆削減に「天気予報」が効く理由 試行錯誤を繰り返す小売店や食品メーカー

東洋経済オンライン

恵方巻きや土用の丑の日のうなぎなど季節のイベントが行われる際に、食品の大量廃棄が注目されるようになってきた。まだ食べられるのに廃棄されている食べ物、いわゆる「食品ロス」は日本では毎年約640万トンに上り、社会問題化している。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る
-