加入自治体が急増 住民避難保険

災害多発で加入自治体3倍に急増 住民避難保険

共同通信

 自然災害の発生時に住民の避難費用を補償する保険に加入する市町村が9月末時点で約350となり、1年半で3倍に急増したことが14日、分かった。全1718市町村の2割に上る。保険は市町村が加入でき、避難所設置や住民に配る飲食料品の費用に加え、職員の残業代もカバーする。災害多発を受け、避難費用の不安を解消したい地方自治体が入っている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る