福島第1への津波到達時間を修正

東電、第1原発の津波到達時修正 事故調査への影響は否定

 東京電力は20日、福島第1原発の沖合にある波高計の位置をこれまで誤って公表しており、実際は約200メートル陸側にあったと発表した。国会事故調査委員会や東電は波高計のデータを使い、東日本大震災の津波が第1原発に到達した時間を推定。正確な位置に基づくと到達時間が10〜20秒程度早まるが、東電は調査結果に大きな影響はないとしている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索