文字サイズ

スタートアップ企業が参入、電動バイクの行方 航続距離や充電時間の長さをどう解決するのか

スタートアップ企業が参入、電動バイクの行方
スタートアップ企業が参入、電動バイクの行方

カーボンニュートラルに向けた電動化の潮流は、バイクのジャンルにも徐々に波及しているが、まだまだ4輪車のように各メーカーがさまざまな新型車を市場投入するまでには至っていない。とくに車体が比較的小さなバイクでは、大容量バッテリーの搭載がむずかしく、充電時間のわりに航続距離が短く、出先などで充電する効率的なシステム作りやインフラ整備など、実用化への課題は山積みだ。だが、ZEV(ゼロエミッションビークル)に対する世界的なニーズは、バイクも例外ではない。電動車など、排出ガスを出さないモデルが求められていることは4輪車と同様で、将来的にはガソリン車からの切り替えニーズが高まることが予想されている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る