文字サイズ

日本ハム「培養肉」主成分を開発 商用化へ前進

共同通信
共同通信

 日本ハムは4日、動物の肉の筋細胞を用いて作る「培養肉」について、主成分となる食品由来の培養液を独自開発したと発表した。ウシなど動物の血清から作る従来の培養液よりも原料を安定的に調達できる上、製造コストを大幅に抑えられ、商用化に向けて前進したという。食品成分の詳細は、特許出願中のため非公開とした。新技術は実験レベルの比較では、従来手法の約20分の1にコストを抑えられた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る