文字サイズ

サイゼ 2050年見据えた店作り

サイゼリヤ、2050年見据えて次世代の店作り 人出不足・省エネに先手 堀埜社長

サイゼリヤが2050年を見据えた店舗作りに挑んでいる。コロナ禍で市場環境が激変するなか、よりコンパクトで省エネ性能を高めた新型店の開発に余念がない。目指すのは環境や従業員に配慮した次世代店舗の確立だ。堀埜一成社長は「コロナ禍でバタバタしない。2050年を見据えて着実に手を打つ」と語る。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る