文字サイズ

大幸薬品、2期連続の赤字へ 「クレベリン」返品響く

 大幸薬品は12日、未定としていた2022年12月期の連結業績予想を発表し、売上高が60億円、純損失が33億円になると見通した。会計基準を変更したため前期との比較はできないが、赤字は2期連続。新型コロナウイルス流行で空間除菌をうたった主力商品「クレベリン」の広告を巡り、消費者庁から景品表示法違反(優良誤認)に基づく再発防止命令を受け、多額の返品が発生したことが響いた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る