文字サイズ

脱炭素への新国債、来年度にも 排出企業の負担導入へ

共同通信
共同通信

 政府は29日、脱炭素の投資促進に向け新たに発行する「GX経済移行債(仮称)」について、早ければ来年度の発行開始を目指す方針を明らかにした。償還の財源として、企業の二酸化炭素(CO2)排出に負担を求める「カーボンプライシング(CP)」による収入を活用する。多く排出する企業に排出枠を設定して取引する制度も整備。発電事業者には段階的に排出枠を有償化して脱炭素化を促す。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る