文字サイズ
× 閉じる

日本航空、3千億円調達を検討か

日航、3千億円調達を検討 劣後ローン軸に銀行団と協議へ

共同通信

 日本航空が、一部が資本とみなされる「劣後ローン」の活用を軸に2千億〜3千億円規模の資金を調達する検討に入ったことが26日、分かった。年末にかけて銀行団と本格的な協議を始める方針だ。新型コロナウイルスで国際線の需要回復は当面見込めず、2020年7〜9月期の本業の損益は850億円前後の赤字となる見通し。業績低迷の長期化が避けられないとみて自己資本の減少に備える。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る