文字サイズ

実質100万円台で普及なるか…日産・三菱自が新型「軽EV」に込めたこだわり

実質100万円台で普及なるか…日産・三菱自が新型「軽EV」に込めたこだわり
実質100万円台で普及なるか…日産・三菱自が新型「軽EV」に込めたこだわり

日産自動車と三菱自動車が、電気自動車(EV)シフトに向け再びアクセルを踏む。EVの先駆者を自認する両社が軽EVを共同開発し、今夏にそれぞれ発売する。実質100万円台の価格帯や登録車並みの加速性能を実現。EVという新規軸を打ち出しただけでなく、既存の軽が抱える課題の克服も図った。政府は2035年に乗用車の新車をすべて電動車にする目標を掲げる。国内新車販売の4割弱を占める軽市場でEVの普及に弾みをつけられるか注目される。(西沢亮)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る