文字サイズ

アウトドアブームは落ち着いているが、「キャンピングカー」人気は続くのか

ITmedia ビジネスオンライン
ITmedia ビジネスオンライン

 日本のアウトドアブームは最近、落ち着いてきたようだ。

 アウトドア用品メーカーとしてトップブランドといえるスノーピークの純利益はわずか100万円と、赤字には転落しなかったものの見るも無残な状態に陥っている。それは、競合の多さによる収益の低下もあるが、ブームが落ち着きつつあることも示している。

 ソロキャンパーの減少が、全体としてのブームの衰退に影響を与えているのも間違いない。ソロキャン女子の漫画やインフルエンサーの影響によって、急速に増えたソロキャンパーだが、急速に増えたということは数回の経験で満足したり、自分には合っていないと気付いたりして、他の趣味へと移行する人々もいるのだ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る