文字サイズ

GDP、実質年1.0%減 1〜3月、2期ぶりマイナス成長

内閣府が入る中央合同庁舎8号館=東京都千代田区
内閣府が入る中央合同庁舎8号館=東京都千代田区

 内閣府が18日発表した2022年1〜3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.2%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1.0%減だった。マイナス成長は21年7〜9月期以来2四半期ぶり。新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置が3月下旬まで続き、個人消費が振るわなかった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る