文字サイズ
× 閉じる

出社「最低4割」野村HDが検討

野村HD社長、最低出社4割など検討−コロナ後見据え働き方改革

Bloomberg

(ブルームバーグ): 野村ホールディングス(HD)は、新型コロナウイルスが収束した後の働き方について、最低出社を月間の4割とする国内統一ルールの導入など在宅勤務制度の拡充について最終調整を進めている。1日にオンラインで機関投資家向けに開催した「ノムラ・イベストメント・フォーラム2020」で奥田健太郎社長が明らかにした。

 

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る