文字サイズ

世界経済、強まる後退の懸念 IMF成長予測を下方修正へ

人手不足と景気後退懸念に同時に直面する米国のレストラン=6月、米ニューヨーク州バリータウン(共同)
人手不足と景気後退懸念に同時に直面する米国のレストラン=6月、米ニューヨーク州バリータウン(共同)

 【ワシントン共同】世界経済の景気後退懸念が強まっている。国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は6日、今年の世界成長率をさらに下方修正する考えを表明。インフレと景気悪化が並行するスタグフレーションの恐れもあり、米欧は物価抑制を急ぐ。だが過度の金融引き締めは円安が続く日本への打撃となる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る