文字サイズ

小規模M&A最多に 目立つ飲食業

小規模M&A、コロナ禍で最多に 目立つ飲食業、承継に活路

共同通信

 新型コロナウイルス禍で小規模事業者が売り手となる合併・買収(M&A)が増加し、21年度上半期(4〜9月)の買収件数が半期ベースで最多となったことが16日、分かった。国が運営する支援機関が関わった案件を中小企業庁が集計。売り手は飲食など苦境に立つ業種が目立ち、承継に活路を求める姿が浮かぶ。中小支援は衆院選でも焦点となる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る