文字サイズ

高まるトヨタの「稼ぐ力」鍵は?

トヨタの際だつ「稼ぐ力」、カギは200万台という数字

ニュースイッチ

トヨタ自動車が、危機対応力を増し稼ぐ力を着実に高めている。過去10年間で損益分岐点となる連結販売台数を200万台程度引き下げ、2021年3月期はコロナ禍の状況でも前期比で当期増益を達成した。体質改善で一定の成果を上げたが、足元では原価低減活動などを進め、さらなる損益分岐台数の引き下げを目指す方針だ。利益創出力を徹底的に高め、カーボンニュートラルやCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)などの次世代投資に振り向ける。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る