文字サイズ

「四重脅迫」相次ぐ…身代金ウイルス被害拡大が止まらない

ニュースイッチ
ニュースイッチ

ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)による被害が拡大している。警察庁によると、2022年1―6月の同ウイルスの被害報告件数は、前年同期比約87%増の114件。現在、攻撃者が窃取した情報を暴露すると脅す「二重脅迫」の手口が主流だが、標的組織の顧客などに連絡し、被害組織に金銭の支払いを促す「四重脅迫」の被害も目立ち始めた。感染防止策や攻撃を受けた際の対処について、企業はいま一度見直しが求められる。(狐塚真子)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る