文字サイズ

鉄道高架下が居住空間に JR東海グループ事業化へ

鉄道高架下にモデルルームとして設置されたコンテナハウスの外観=名古屋市の中央線鶴舞―千種間(JR東海提供)
鉄道高架下にモデルルームとして設置されたコンテナハウスの外観=名古屋市の中央線鶴舞―千種間(JR東海提供)

 鉄道の高架下は騒音や振動がネックで、用途は駐車場や倉庫が中心だったが、防音防振の技術革新や駅周辺の再開発に伴い、居酒屋やスーパーが続々と進出した。JR東海は居住空間の可能性に着目。グループの名古屋ステーション開発とともに、コンテナハウスを活用した事業を模索している。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る