文字サイズ

ソフトバンクG株が大幅安、巨額赤字を嫌気 強弱対立との見方も

 8月9日の東京株式市場で、ソフトバンクグループ(SBG)が4%を超える大幅安となっている。2023年3月期第1・四半期(4─6月期、国際会計基準)の最終損益が3兆1627億円の赤字だったと8日発表した。2021年2月に都内で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
 8月9日の東京株式市場で、ソフトバンクグループ(SBG)が4%を超える大幅安となっている。2023年3月期第1・四半期(4─6月期、国際会計基準)の最終損益が3兆1627億円の赤字だったと8日発表した。2021年2月に都内で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] - 9日の東京株式市場でソフトバンクグループ(SBG)株が大幅に売られ、一時前営業日比5%安に迫った。前日に発表した2023年3月期第1・四半期(4─6月期、国際会計基準)の最終損益が、四半期として過去最大となる3兆1627億円の赤字になったことが嫌気されている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る