文字サイズ

「Believe」苦戦は木村拓哉だけのせい? “視聴率男”に重なったオンエア前の不運の数々

日刊ゲンダイDIGITAL
日刊ゲンダイDIGITAL

木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)への逆風が続いている。初回に世帯平均11%台で好発進した視聴率は、第3話で9%台まで下落。16日放送の第4話も1桁にとどまった。この低調傾向について16日配信の「Smart FLASH」は「設定の粗さだけじゃない、いまいちハマれない2つの理由」という記事で、“崩落事故の真相”というテーマ選びのマズさとマンネリな展開を指摘していた。一方、同日配信された「デイリー新潮」は、ドラマでの刑務所シーンの描き方のずさんさを、元受刑者の言葉として紹介。確かに、刑務所での髪形は丸刈りが基本で、木村が演じる大手ゼネコンの土木設計部長みたいな髪形をした受刑者はいない。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る