文字サイズ

生みの親が初めて明かした「松田聖子と神田沙也加」

文春オンライン
文春オンライン

「聖子と沙也加ちゃんはアーティストとして、そして人間としてもまったく対照的でした」

 そう語るのは、歌手・松田聖子を発掘した“生みの親”であり、『青い珊瑚礁』『赤いスイートピー』をはじめとする1980年代の楽曲をプロデュースしてきた若松宗雄氏(82)。実は若松氏は、昨年12月に亡くなった聖子の愛娘・神田沙也加さんを預かり、芸能界デビューさせている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る