文字サイズ

「グラドル」3人 難題脱出は誰?

熊田曜子、小倉優子、木下優樹菜…グラドル界の“レジェンド”3人が抱える難題

日刊ゲンダイDIGITAL

【芸能界クロスロード】

「グラビアアイドル」が定着したのは1980年代、野田義治氏が立ち上げた「イエローキャブ」の巨乳の子たちだった。

 細川ふみえら人気を博した子たちは水着から洋服に着替えてテレビに進出。おしゃべりとお色気で深夜番組ブームをつくった。水着でホップして、おしゃべりでステップ。ここまでは順調だったが、その先で迷路に入った。タレントを続けるか女優に転身するかモタモタしている間に後発のグラドルが現れる。瞬く間に座を追われていく。グラドルが元のグラビアに戻るのは難しく、一線から退いていった。当時のグラドルで今も一線に残っているのは女優の小池栄子ぐらいだ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る