文字サイズ

水虫は病気 なぜ「虫」と呼ぶ?

この時季はつらい…「水虫」は病気なのに、どうして“虫”と呼ぶ?

オトナンサー

 梅雨など高温多湿な時季になると「水虫」になる人が増えるといわれています。この時季になると、足の裏がかゆくなったり、白くふやけてしまったりする人もいるのではないでしょうか。こうした症状が出たとき、ほとんどの人は「水虫になった」と言いますが、不思議なのが病気の名前なのに水虫という、まるで“虫”の名前のように呼ぶことです。一般的には、病気になれば、「○○症」「○○病」と呼ぶことがほとんどですが、なぜ、水虫は虫のような呼び方をするのでしょうか。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る