文字サイズ

SNSで「さらし行為」法的問題は

迷惑行為を撮影してSNS投稿、“さらし行為”に法的問題はある?

さらし行為の法的責任は?
さらし行為の法的責任は?

 SNS利用がますます活発化する中、電車内など公共の場において「マナーを守らない人」「迷惑行為をしている人」などを見かけたり、実際に迷惑を被ったりした際、相手やその状況をスマホで撮影し、SNSなどに投稿するケースがしばしば見受けられます。中には、相手の顔や目撃場所(路線名、駅名など)を伏せずに投稿しているケースもあり、「どんな事情であっても勝手にさらすのはよくない」「私刑はダメでしょ」「個人が特定できるような投稿は名誉毀損(きそん)では?」「周囲に迷惑かけてるんだから当然」「さらされるようなことをしている方が悪い」など、賛否の声が上がっています。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る