文字サイズ

偽造や変造は違法だが…「紙幣」をシールやテープで“修復”したらどうなる? 弁護士に聞く

オトナンサー
オトナンサー

 会計時におつりとして紙幣を受け取ったときに、部分的に破れていることがあります。中には破れた部分が気になってしまい、シールやセロハンテープで修復する人もいるようですが、こうした行為はお札の偽造や変造と同様、犯罪に当たるのでしょうか。芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る