「もしも」に備え貯蓄 目安は?

もしものときに貯蓄いくらあればいい? 専門家が推奨する金額は…

AERA dot.

 ある日突然、病気や事故、大きなケガなどで働けなくなる窮地は誰にでも起こりうる。そんな「もしも」の時に備えて、いくら貯蓄しておけばいいのか、民間の保険は本当に必要なのか専門家に聞いた。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る