文字サイズ

〈子供たちの行方不明が増えたのは闇の政府が…〉 “普通の人”が「陰謀論」にハマる意外な理由

「闇の政府」を笑っているような人でも、気付かないうちに、デマや陰謀論の世界にはまり込んでしまう危険性があるのだ、と著書『デマ・陰謀論・カルト―スマホ教という宗教―』で警鐘を鳴らす作家の物江潤氏は語る (※写真はイメージ)
「闇の政府」を笑っているような人でも、気付かないうちに、デマや陰謀論の世界にはまり込んでしまう危険性があるのだ、と著書『デマ・陰謀論・カルト―スマホ教という宗教―』で警鐘を鳴らす作家の物江潤氏は語る (※写真はイメージ)

「闇の組織」を信じる人たち

 今、陰謀論が民主主義の脅威となっている――と言われて、ピンとくる方はどれぐらいいるだろうか。

 米国では既に一部の過激派以外の一般有権者たちにも陰謀論が広がっているという。ある世論調査では有権者の44%が「連邦政府は秘密結社が掌握している」と回答した、との報道もある。(「日本経済新聞」11月5日より)

 しょせん米国での話だろう、と思われるかもしれないが、我々も決して人ごとではいられない状況だと新著『デマ・陰謀論・カルト―スマホ教という宗教―』で警鐘を鳴らしているのは作家の物江潤氏だ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る