文字サイズ

リードなしで犬の散歩→通行人にけがさせたら、飼い主の法的責任は? 弁護士に聞く

飼い犬が通行人にけがをさせてしまった場合の法的責任は?
飼い犬が通行人にけがをさせてしまった場合の法的責任は?

 歩道や公園などで、犬を連れて散歩をしている人を見掛けることがあります。「犬は動くものに反応しやすい」と言われており、犬の近くを徒歩や自転車で通り過ぎようとしたときに、犬に飛びつかれたことのある人も多いのではないでしょうか。中には、飼い主がリードでつながずに犬を歩かせているケースも見られ、その場合、通行人が大けがをする恐れもあります。もし、リードをつながずに犬を散歩させ、犬が通行人にけがをさせてしまった場合、飼い主は法的責任を問われるのでしょうか。佐藤みのり法律事務所の佐藤みのり弁護士に聞きました。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る