文字サイズ

「教育虐待」当事者の壮絶な体験

習い事は9つ掛け持ち、学年2位だと“1位じゃないの?”と…当事者が語る「教育虐待」のヤバさ

 かつては教育熱心な親が「教育ママ」などと呼ばれて問題視された時代もあったが、2010年代以降に使われるようになったのが「教育虐待」なる言葉。日本子ども虐待防止学会によれば「子供の受忍限度を超えて勉強させたり、行きすぎた習い事をさせること」を指す。

 実際に「教育虐待」と言える幼少期を過ごした女性に、その壮絶な体験を語ってもらった。

(取材・執筆=常田裕/清談社)

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る