文字サイズ

帰還困難、6月12日に初解除 原発事故11年、居住再開へ

福島県葛尾村の特定復興再生拠点区域
福島県葛尾村の特定復興再生拠点区域

 東京電力福島第1原発事故で住民の避難が続く帰還困難区域(約337平方キロ)のうち、福島県葛尾村の特定復興再生拠点区域(復興拠点、0.95平方キロ)の避難指示が6月12日に解除されることになった。国、県、村が16日、村内で共同記者会見し発表した。帰還困難区域を巡っては2020年3月にJR常磐線の線路や駅周辺が解除されたが、事故から11年を過ぎ、住民の居住再開につながる初の解除となる。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る