文字サイズ

校内設備「安全に問題」千カ所超 定期点検すり抜け、小中学校調査

共同通信
共同通信

 2021年4月に宮城県白石市立小で防球ネットの支柱が倒れ、児童2人が死傷した事故を受け学校設備の詳細な点検が全国で実施された結果、「安全性に問題あり」と判断された設備が都道府県庁所在地(東京は都庁のある新宿区)47市区のうち19市区の公立小中学校で見つかり、計1298カ所に上ることが14日、共同通信の独自集計で分かった。定期点検では発見できておらず、事故を契機に隠れた危険箇所があぶり出された。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る