文字サイズ

出所後の重信元幹部、当局が警戒 都内で報告集会に参加

 オランダのフランス大使館が武装占拠された1974年のハーグ事件で服役した「日本赤軍」の重信房子元最高幹部(76)が28日、満期出所した。既に組織の解散を表明しているが、メンバー7人は国際手配されたままで、警察当局はテロ組織としての危険性は否定できないと指摘。元幹部の動向や出所が与える影響を警戒し、情報収集に努めている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る