文字サイズ

競輪セクハラ、二審も賠償 女性の弟子に精神的損害

共同通信
共同通信

競輪界の師弟関係を利用したセクハラ発言で精神的損害を受けたとして、女性選手が師匠の男性選手に約460万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁(浜口浩裁判長)は24日、発言を一部認めて男性選手に11万円の支払いを命じた一審高松地裁判決を支持し、男性選手側の控訴を棄却した。二審での増額を求めていた女性選手側の訴えも退けた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る