文字サイズ

名張毒ぶどう酒事件 新証拠提出

名張毒ぶどう酒事件、新証拠提出 弁護団が高裁に、専門家の意見書

 三重県名張市で1961年、女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚=収監先で病死=の弁護団は27日、名古屋市で記者会見し、「瓶のふたをつなぐ封かん紙から、市販ののり成分を検出した」とする鑑定結果を補強する専門家の意見書などを新証拠として名古屋高裁に提出したと発表した。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る