文字サイズ

公益通報の不備で行政指導22件 ビッグモーター、ダイハツ

共同通信
共同通信

 2022年6月の改正公益通報者保護法施行に伴い導入された、企業や団体の内部通報制度の不備に対する行政指導が、施行から約1年半で22件あったことが21日、消費者庁への情報開示請求や関係者への取材で分かった。件数が明らかになるのは初めて。保険金不正請求問題などが相次いだ中古車販売大手ビッグモーターや、自動車の「型式指定」認証申請を巡る不正のあったダイハツ工業などへの指導が含まれる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る